東野圭吾 kindle版に関する通販商品をご紹介しています。

東野圭吾 kindle版の最新売れ筋情報           

  
東野圭吾 kindle版に関する通販商品をご紹介しています。






天空の蜂 (講談社文庫)
価格:918円 新品の出品:918円 中古品の出品:99円
コレクター商品の出品:303円
カスタマーレビュー

東野圭吾ミステリー「白銀ジャック」
価格:691円 新品の出品: 中古品の出品:53円
コレクター商品の出品:395円
カスタマーレビュー
ベストセラー作家の大ヒット作をコミック化! シーズンが始まったばかりのスキー場に届いた脅迫状。警察に通報できない状況の中、犯人の仕掛けるトリッキーな身代金奪取に、翻弄させられるスキー場のスタッフたち。表沙汰になることを恐れ、穏便に身代金を渡して事態を収拾しようとする経営陣。一方、ゲレンデパトロール隊の中には、制止を聞かず犯人の手がかりを得ようと行動をおこす者も…。度重なる不可解な脅迫状の謎を解く鍵は、一年前に血に染まった禁じられたゲレンデか…!? 命を賭けた犯人とのレースが今始まる!
ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
価格:734円 新品の出品:734円 中古品の出品:14円
コレクター商品の出品:303円
カスタマーレビュー

東野圭吾ミステリー「ウインクで乾杯」
価格:745円 新品の出品: 中古品の出品:407円
コレクター商品の出品:659円
カスタマーレビュー
東野圭吾の傑作長編ミステリーをコミック化! パーティ・コンパニオンの小田香子の同僚・牧村絵里が、仕事先のホテルの客室で毒入りビールを飲んで死んでいた…。現場は完全なる密室であったため、警察は自殺だと判断する。しかし、絵里の親友であった由加利は、自殺のはずがないと考え、香子と力を合わせて真相に迫ろうとするが…。
東野圭吾ミステリースペシャル 分離帯
価格:637円 新品の出品: 中古品の出品:124円
コレクター商品の出品:1,120円
カスタマーレビュー
ベストセラー作家の名作ミステリーをコミック化! なんの前触れもなく、突然発生する交通事故。交通警察官の世良は、トラックの横転事故をきっかけに、学生時代の友人・彩子に再会する。夫を亡くした彩子。事故の背後で絡まりあう人間関係が、複雑な感情を呼び起こし……!?裁きをくだすのは、誰だ!?
壇蜜 花密2 壇蜜 花密
価格:648円 新品の出品: 中古品の出品:7円
コレクター商品の出品:250円
カスタマーレビュー
p177白肌黒髪で知的エロスな日本美人。ol、競泳水着、和服、親戚のお姉さん等、バラエティ豊富&超激小衣装で魅せつけてくれました。壇蜜のめくるめく世界から貴方は逃れられますか?女の蜜をご堪能ください。
人魚の眠る家
価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:1,300円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー

下町ロケット
価格:281円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:250円
カスタマーレビュー
直木賞受賞作、待望の文庫版を電子化!「お前には夢があるのか? オレにはある」研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製作所。創業以来のピンチに、国産ロケットを開発する巨大企業・帝国重工が、佃製作所が有するある部品の特許技術に食指を伸ばしてきた。特許を売れば窮地を脱することができる。だが、その技術には、佃の夢が詰まっていた――。男たちの矜恃が激突する感動のエンターテインメント長編!第145回直木賞受賞作。池井戸潤、絶対の代表作。
大人は絶対読んでいる 源氏物語 完全版
価格:680円 新品の出品: 中古品の出品:45円
コレクター商品の出品:100円
カスタマーレビュー
平安時代の才女・紫式部が生み出し、1000年以上読み継がれてきた超ロングセラー恋愛小説の電子書籍版。大人になった今だからこそ感じることのできる、日本文学の美しさに触れてみませんか?日本を代表する女性作家、与謝野晶子の手によって現代語訳された『源氏物語』54帖を全収録。
なるへそ (Kindle Single)
価格:1,836円 新品の出品: 中古品の出品:336円
コレクター商品の出品:8,000円
カスタマーレビュー
「『なるへそ』は、以前小説誌に書いたきり、どこにも収録されず埋もれていた短編(私にしては珍しく、パロディ)です。今回それが、kindle singlesによって“発掘”され、こうして発表の場を得られたのは幸運なことだと思います。」(池井戸 潤)この小説の舞台は、いつも「準備中」の札しか出していない小さな寿司屋『皆藤(かいどう)』。ここに月に一度、各界を代表する5人の専門家が集い、毎回ひとりのゲストを招いては『黒焦げ蜘蛛の会』と名付けた会を開いているのでした。さて、この夜。いつものように集まった会員たちに、招かれたゲストが自らの悩みを打ち明け、解けない謎を提示します。その謎を解こうと、侃々諤々(かんかんがくがく)の議論をする5人の専門家たち。しかし、一向に謎は解けません。そんなとき、ある意外な人物がその謎を解き明かしてくれます。はたしてその人物とは誰でしょう、そして彼らが解けなかった謎とは?

Copyright (C) 2015 東野圭吾 kindle版の最新売れ筋情報 All Rights Reserved.